2018年09月17日

最高記録だ、湯浅「いほり寄席」

 今日は湯浅「いほり寄席」でした。
 会場の庵茶屋二階は12回の中で最高の入りでした。
 34名のお客さんで会場は熱気に包まれて、エアコンを18度にまで下げましたが冷房には程遠く、涼しいかなという程度でした。
 かぶりつきの三つのお嬢ちゃんが最後までお母さんの膝でおりこうさんに聞いてくれました。
 今回は動物がテーマでした。出し物は、
 萬年・・・馬の田楽
 江香・・・忠五郎の話
 らいむ・・・猫と金魚
  中入り
 藤本先生のお話 「狼男と化け猫・東西の違い」
 狂楽・・・元犬
 忍狂・・・狸さい

  終わって片づけて、喫茶店(食事もできる)に行って、シラスどんぶりを食べるもの、カツカレーを食べるものといろいろでしたが、史上最高の入りに満足しつつ、
「地元でも、じわりじわり名前が知られるようになっているよ」との先生のお言葉にさらに気をよくした、嬉しがりの面々でした。
 次回は1月20日(予定) テーマは「飲み食い」「です。
 いい日になって良かった良かった。
  


Posted by 彦八 at 20:02Comments(0)

2018年09月14日

明日は大阪、空堀「ふくひき寄席」そして湯浅「いほり寄席」

 明日は大阪の空堀で奇数月にやっている「ふくひき寄席」です。
 谷町6丁目駅で降りて空堀商店街を松屋町の方に歩いて行って、「大阪大劇場は」って尋ねてもらったら・・・わかるかな?
 ともかく、落語四席(うち女性一人)と講談一席です。
 開演は二時となってます。むろん木戸銭は無用です。
  
 それから、来週の17日は湯浅で「いほり寄席」があります。
 場所は湯浅町重要伝統建造物群(多分)群 の一角に「庵茶屋」があってその二階が会場です。
 毎回テーマを設けていて、今回は「お話の中で活躍する動物たち」
 落語四席と講談一席、そして落語と動物にまつわるお話です。
 出し物は:馬の田楽。忠五郎の話。猫と金魚。元犬。狸さい。
       お話は「化け猫と狼男ー東西の違い」です。
皆様、是非足をお運びください。
 わんわん。

 お問い合わせは 09034963560 坐・噺の会事務局

  


Posted by 彦八 at 19:47Comments(0)

2018年09月13日

台風一過 それにしても長い停電でした

 台風21号の被害はどうでしたか。
 私のところは強風が吹いて、カーポートの屋根が吹き飛ばされて、それはそれはきれいな空が見えています。
 老人に聞いたら、
「第二室戸台風の方が強かった」
「そうですか?すると二番目ですか」
「いや、ジェーン台風もすごかった」
で、ともかく凄い台風だったのです。
 停電は都合9日間でした。
 台風のその日も含んでですが、今から思えばよくも辛抱したと思います。
 けれど、町内では谷地区がいまだに停電とか。
 頑張ってというより、地区の皆さんのしばしの間でいいから、かじか荘を借り切ったり、町営住宅の貸し出しをしたり、公民館、集会所を開放してはどうだろうか。
 体調というより明日の見えない生活は心をずたずたにします。
 
  


Posted by 彦八 at 14:41Comments(0)

2018年08月31日

 大日寺寄席のご案内です。

 大日寺寄席 秋席
 日 時: 9月2日(日曜日) 午後1時開演
 場 所:大日寺 本堂
      海草郡紀美野町毛原宮680
 出し物: 落語四席
        有馬小便 応挙の幽霊 源兵衛玉 動物園 
      三味線演奏
      法話
      〇 三味線のお師匠さんが出囃子を弾いてくれます。
 コメント:
   町中は暑いでしょうが、当地は和歌山のチベットと言われるところ、しのぎよいです。
 紅葉にはまだまだ早いですが、川遊びの人たちも少なくなって静かな村が戻ってきました。そうそう、その日は確か網入れでした。網入れとは川をいくつもの区画に分けて、そこを買った人たちが上流部と下流部の二か所に網を仕掛けてアユを獲るのです。今年は20cmくらいのがゴロゴロだそうです。
 まあ、そんな長閑な田舎のお寺の寄席です。
 ドライブがてらお越しください。
 
  


Posted by 彦八 at 19:19Comments(0)

2018年08月26日

 思わぬ、予期せぬ、「ひるさがり亭・8月席」

 ひるさがり亭八月席。
 第66回。
 先月は暑さに負けて、身内二人に、四人連れのお客さん、その四人連れも早々に「暑い」の一言で退散。
 で、今回も暑いし「練習会かな」と思っていたら、階段を次々に上ってくる足音、人影。
 ありがたやありがたや。
 結局、13人も来て下すったのでした。
 若いお母さんが3人の子供を連れてきてくれて、一番下の子供が「うんこしたくなって」家に帰ったのですが、また来てくれました。
 暑いし、一人で3人の子供を見るのは大変で、子守りを兼ねてだと思いますが、その子供たちがよく笑ってくれたんです。狂楽君の「応挙の幽霊」幽霊」は子供達に大うけでした。
  


Posted by 彦八 at 19:51Comments(0)

2018年08月24日

 気が付けば「ひるさがり亭」がすごそこに。

 台風の強風が一晩中吹き荒れました。
 寝る場所を二階から一階の仏間に移しました。
 それでもブーブー吹いて、家がクラッ、クラッ揺れました。
 で、夜中に奇妙な光景を見ました。
 仏壇の右側に押入れがあるのですが、その戸が開いて、そこだけ懐中電灯の光を当てたみたいに浮かび上がったのです。
 夢かな?

 今日は、有田川町の福祉協議会事務所に行ってきました。
 10月に出演依頼をいただいたので、その下見と打ち合わせです。
「あの。私たちのことどうして知ったんですか」
「こんなチラシが家に入っていたんよ。この人らに来てもらえへん。
という申し出があったんですよ」
と担当者が出してきたのが、一枚のチラシです。
 ずっと前に「坐・噺の会」を紹介する目的で作ったチラシです。
 チラシ一枚が結んでくれたご縁というわけです。
 
  


Posted by 彦八 at 19:33Comments(0)

2018年08月11日

ひるさがり亭 八月席

 ひるさがり亭・八月席
 ちょっと早いですが、お知らせです。

 テーマ:「怪談話特集」
 日 時:8月26日 午後 1時開演
 場 所:黒江ぬりもの館
     海南市黒江680
     073-482-5321
 演 目: 応挙の幽霊
      借家怪談
      もう半分
      忠五郎のはなし
 その他:入場無料
      駐車場すぐ近くにあります
      冷暖房完備

  和歌山新報さんに告知記事を載せてもらったら早速、問い合わせ がありました。
  ゆっくり寝転がって噺を聞いていただけます。
  暑いのでぜひお越しくださいとは言いにくいのですが、気のせいか 秋の気配もありますので・・・

   秋来ぬと
   目にはさやかに見えねども
   風の音にぞ驚かれぬる(だったかな?)
 
  


Posted by 彦八 at 19:57Comments(0)

2018年08月02日

 「大野公民館 生きがい寄席」 お客さんに乗せられました。

 7月30日 いよいよ世界の終焉か?暑いのなんの。
 ですから、このごろは着替えのTシャツにパンツをもって出かけます。
 舞台道具を運ぶだけでもベチャベチャになるのですから。さすがにパンツまで着替えたことはありません。
 そうそう、場所は大野公民館 
 「生きがい寄席」 
  暑いのでお客さんが来てくれるのやろかと心配でしたが、30人も来てくれて、その上、大いに笑ってくれたのですから、ありがたいのなんの。
 出し物は
  花色木綿   萬年
  宝の入船   江香
  ちりとてちん 忍狂

  舞台おから降りたら江香さんが言いました。
 「豆腐食べるとこ長かったなぁ」
 舞台でしゃべっていて、お客さんに乗せられてイメージがどんどん膨らんで、言葉がどんどん出てきたのです。
 やっぱり、お客さんの力は大きいなぁ。
 8月はひるさがり亭だけです。


  


Posted by 彦八 at 20:03Comments(0)

2018年07月29日

 第五回小又川寄席

 金曜日は龍神村小又川寄席でした。
 木曜日に後輩の爪田家らいむ君が来てくれて、一泊して小又川に出かけました。
 あいにくの雨模様でした。
 今年で五回目です。
 高齢化が進んでいて、回を追うごとに参加者が少なくなっていきます。
 例え、お客さんの数が少なくても、待っていてくれるというのはありがたいです。
 会が終わっていつものように座談会でした。
 小又川から田辺の夏祭りに行くのに、途中で一泊して二日がかりで歩いて行ったという話。
 今のなつまつりとは随分違う雰囲気で、きっと算段の平兵衛が庄屋さんの遺骸に踊らせた、そんな世界と地続きなんでしょう。
 もう、そんな地域は日本国中探してもないのでしょうね。
  


Posted by 彦八 at 20:44Comments(0)

2018年07月29日

 台風に吹き飛ばされた・・・

 土曜日は大阪空堀のふくひき寄席でした。
 けれど、台風接近のせい?で客席は落語大学(関大の落研)のOBだらけ。一般のお客さんは約3名。
 まるで昔懐かしい昼の練習のようでした。
 とばっちりを食ったのは江香さんでした。
 出だし好調でしたが、先輩の小樂さんと目が合って、そこで頭が真っ白になったんですから。
 言うてやりました。
「私らはいつもあんな重苦しい空気感の中でやってたんやで」
 次回は頑張りましょう。

   


Posted by 彦八 at 20:32Comments(0)