2015年06月07日

おおとう寄席 始末記

 6月6日、「おおとう寄席」でした。
 今は合併して田辺市鮎川になっていますが、その昔は大塔村鮎川です。大塔という地名はそもそも南北朝の頃にさかのぼって「大塔の宮護良親王」に由来します。護良は子供の頃は「もりなが」と読んでいましたが、今は「もりよし」になりました。
 会場は大塔総合文化会館、大塔公民館です。
 所長さんが、
「官報でも宣伝したし。町内放送もしたけど、梅採りのシーズンやし、ほん近所でお葬式がある。楽しみにしてた人らがそこに行くさけ、お客さんの数少ないと思う」
 と大塔言葉でおっしゃった。けれど開場の頃には20人、開演の頃は40人近く。二番手が出たころは、お葬式に行ってこられたのでしょう、喪服姿の方が7人ほど来て下すった。
 出演者一同気持ちよくお喋りをさせていただいたのです。
 終演後、見送りをしていますと、
「よかったよ」
「面白かったよ」
とわざわざお声を掛けて下すった。
 大塔の皆さんありがとうございました。

 しばらく休憩して、
 6月17日 かつらぎ町新城老人会
 6月21日 長峰霊場大法要「大日寺」 ご来場歓迎
 6月22日 和歌山市 介護施設
 6月27日 和歌山市 グループホーム
 6月28日 黒江ぬりもの館「ひるさがり亭」 ご来場歓迎
 しっかり稽古して準備して皆さんに喜んでいただこうと思います。
  
  


Posted by 彦八 at 22:42Comments(0)