2016年02月29日

 ありがとうございました。

 「ひるさがり亭」 2月席が済みました。
 黒江川端通りは「ひなめぐり」。雛人形のお飾りをめぐるという催しがあって、そこはかとない華やいだ空気が漂っていました。
 路地の一角では蚤の市が開かれていて、珍しい古道具やおもちゃを手に取るお客さんで賑やかでした。
 ぬりもの館では私たちの「ひるさがり亭」にもたくさんのお客さんが足を運んでくれました。
 二階のギャラリーには三人掛けの縁台が二つあって、その前が座布団席、後ろがイス席。天井はむき出しの梁で、もう寄席にぴったりの雰囲気なんです。平成をから昭和、大正、明治の時代を味わえます。100年から150年という時間のたまものでしょう。
 こんな席では時間の流れに身を任せて、ゆったり、のんびり、話している本人が噺を楽しむことが出来るのです。
 会が終わって一階の「カフェ・みんと」でぜんざいを頂きました。隣の席から甘酒のにおいが漂ってきたので、
 「そんなもん、どこに書いてある」
 と尋ねたら、メニューとは別に甘酒がありますとありました。
 甘酒に未練を残しつつ帰り支度をしていたら、会にも来て下すって、例の甘酒を飲んでいた年配の方が、微笑んで下すったので、
「さようなら」
「さようなら」
 と挨拶を交わしました。
 次回「ひるさがり亭」三月席は、3月27日です。
 皆さんお越しください。 

  


Posted by 彦八 at 13:15Comments(0)

2016年02月26日

 ひるさがり亭 二月席

 ひるさがり亭 2月席
 2月28日 午後1時開演
 黒江ぬりもの館 
  海南市黒江 680
  073・482・5321
    演目
   餅屋問答      関大亭狂楽
   風の神送り     和歌亭萬年
   壺阪霊験記      ひさご亭江香
   あくびの稽古    関大亭忍狂
    
     入場無料

   


Posted by 彦八 at 19:51Comments(0)

2016年02月26日

 ドコモ光が開通しました!

 長いことパソコンが使えませんでしたが23日にドコモ光が開通たのでブログを再開いたします。
 何から書こうかなぁと思いますが・・・
 ええと、2月13日にすさみ町の山間の集落、佐本に行ってきました。
 私と同じIターン組の桜井さんとふとしたことで知り合ったのが縁となって佐本寄席が実現したのです。
阪和高速の終点がすさみ南?でその一つ手前がすさみインター。訳も分からず終点まで行ったら、えびとカニの水族館がありましたが入場料が800円で、「やめとこ」となって、昼食後佐本に向かいました。そうそう、前泊したんです。下見もかねて、それに折角訪れる初めての土地。どんなところかみたいじゃないですか。山に向かって走り出してすぐにお猿さんが道路を横切っていました。「ほう、やっぱり田舎やな」
 どんどん走る走る。 やっと着いたのが佐本の中心部。会場の佐本公民館は支所の裏。
 根倉会館(地区の集会所)、大己小学校、なんとか旧家などを見学しました。我が家もずいぶんな田舎ですが紀南の山間部はものが違います。ドカーンと日本の原風景。静かで耳を澄ますと「キーン」と鋭い音。静かすぎると、耳が緊張して物音を聞き取ろうとがんがるんでしょうね。とにかくキーン。
 途中、道端で土地のおばさんに「明日寄席ありますから来てください」と声を掛けたら、「行こうと思ってたんよ」の返事です。有り難いですね。
 さて、翌日、これが雨。晴れ男なのにね。
 で、早めに会場に行って荷物を降ろして、舞台の準備をしていたら、萬年さん、そして、萬年さんに田辺で拾ってもらったらいむが到着しました。
 開演までの1時間の間に、お昼を頂きました。手作りの海苔巻とさんま寿司。ペロッと食べてさて開演。50人ほどの皆さんが集まってくれました。昨日、お話したおばさんも来てくれていました。
 途中、雨が激しくなって雨音で大きくなりましたが、皆さんに喜んでいただけました。
 プログラムには第一回佐本寄席と書くつもりでしたが、それじゃ厚かましいなぁと思って書きませんでしたが、これから先、機会を設けて何度も行きたいなぁと思いました。
 写真は会場と廃校になった小学校。
 

 
  


Posted by 彦八 at 19:37Comments(0)

2016年02月01日

あっと驚く!ひるさがり亭」1月席

 初めにお断りしておきます。パソコンの接続が出ませんでした。光何とかを申し込んでいるのですがそれもなかなか設置されません。

 さて、ひるさがり亭1月席です。
 1月24日でしたが、天気予報は大雪。あれれれ~。金曜日に舞台道具を一式を運んで、タイヤもスタッドレスに替えたことは前回報告いたしました。
 さてさて、50センチの積雪を蹴散らしてぬりもの館に行ったはいいが、何しろ路面凍結、積雪、大寒波です、客席は無人とまぁ、最悪のシナリオが思い浮かんで消えない。
 ところが朝、辺りにそれほどの雪はない。やったー。
 江香さんが、
「何人くらい来てくれるやろか」と言うが、やっぱり寒いことは寒いし、雪がいつ降り出すやらわかったものではない。
「・・・・さあ・・二人は来てくれるやろ」
というがまるで根拠はない。
 ぬりもの館の駐車場から歩いて行くと。路地には蚤の市が立っている。毎月第4日曜日は蚤の市の日。皆さん、やるー。
そして会場へ。なんとスタッフの方が準備万端整えてくれている。前は座布団席、後ろはイス席。全部で25席ほど。
「こんなにあったら、空席が目立つなぁ」
 開場したら、なんと階段を上ってくる足音が聞こえるではないか。
 ええ、こんなに日に! 常連の松野さんも来られて、
「先月はよう来なんだんよう」と差し入れを頂く。そんな、こっちが恐縮する。
 J結局、のべ18人のお客さんが来てくれた。今回は天気も天気だし、PRもしていないのに、こんなに来てもらえるなんて有り難いことです。しかも、そのほとんどは何回も来てくれている常連さんばかり。
 一年の始まりの寄席が思わぬ盛会になった。
 よし、今年も頑張ろう。少しでも上手くなろう。喜んでもらおう。
 そんな、思いがドット胸に溢れました。
 本当にありがとうございました。
 皆さん今年もよろしくお願い致します。

 
  


Posted by 彦八 at 19:08Comments(0)