2016年12月12日

今年最後の「ひるさがり亭」でした。

 先日の日曜日は本年最後の「ひるさがり亭・12月席」でした。
 二週間前に11月席があったばかりで、しかも寒いしと言うので、お客さんが来てくれるのやろかと思っていたのですが、たくさんに来ていただき、まことにありがたいことでした。
 来年の一月席に備え、看板や見台を新しく作り直そうと思います。 
 その他にも会場の飾りと言うか雰囲気つくりも工夫しようと思います。
 なにはさて置き本年もありがとうございました。

 初春第一弾は
 1月22日第四日曜日です。
   よろしくお願い致します。

 皆様、よいお年を・・・  


Posted by 彦八 at 18:47Comments(0)

2016年12月08日

「ひるさがり亭・12月席」のご案内

 ひるさがり亭・12月席のご案内
  「ひるさがり亭」もいよいよ12月席。  入場無料
  日時:12月11日 日曜日
       午後1時開演
  場所:海南市黒江ぬりもの館  
       海南市黒江680 
       ☎073-482-5321
  演目(順不同)
   ○落語:二人くせ
       ちゃめ八 
   ○講談:壺阪霊験記
       徂徠豆腐

 今年、最後の「ひるさがり亭」です。講談二席と落語二席です。
 お寒いおりではございますが、皆様のお越しをお待ちいたしております。
        


Posted by 彦八 at 23:12Comments(0)

2016年12月04日

やっぱり雨。「大日寺寄席」

 今年の初めのこと。ひるさがり亭の日程を見ていたら、毎月の第4日曜日は半数が仏滅。
「あれあれ」
 このところやっぱり雨に祟られることがしばしば。
 今日も午前は晴天だったが、午後からポツポツ降り出した。
「やっぱり」
 それでも会場であるところの大日寺本堂は文化の香りが濃厚に漂っていた。
 おしまいの法話を横合いで聞いていて、
「これはもったいないなぁ」
と思った。自画自賛とお笑いになることは覚悟の上だが、落語二席、民謡三味線、三味線のお師匠さんの弾き語り、そして住職の「地獄極楽」の法話。
 三途の川は川の名称と思っていたが、三つの渡り方が有る故と今日初めて知った。
 来年仏教についてはのお話が始まるとのこと。
 この会がもっと知られて、もっとたくさんの方に来てい頂いたらいいのに、と思う反面、過大な宣伝は無用。文化はやっぱり草の根的なのがいい。
 大日寺寄席は来年も続きます。  


Posted by 彦八 at 20:19Comments(0)

2016年12月03日

 「大日寺寄席」は明日。雨らしい。

 明日は大日寺寄席です。が、どうやら雨らしい。
 けれど、今日の昼過ぎのこと。
「明日、大日寺寄席に行きたいのですが、駐車場はありますか」
と、男性の声で電話があった。
 ニュース和歌山に告知記事掲載をお願いしていたのだが、それを見てくれたのだろう。
「はい。お寺の境内にも車が止められますし、隣に駐車場があります。気を付けて来てください」
 と言って電話を切った。見知らぬ方がお出での様子。
 一期一会では寂しいが、一会から始まる。回数を重ねるか文字通り一期一会に終わるかは私たちの技量にかかっている。
 心して明日を迎えよう。
 雨?いい天気に越したことはないが、御縁があれば雨はさほど妨げとはならない。
 大日寺は紀美野町のずっと奥の、毛原宮にあるお寺です。
 始まりは1時。
 内容は三味線と落語二席、それに住職の法話。
 会場は本堂。
 入場は無料です。
  


Posted by 彦八 at 20:27Comments(0)