2017年02月26日

「ひるさがり亭」2月席無事終了

 2月26日 日曜日 「ひるさがり亭」2月席、無事終了しました。

  萬年    相撲場風景
  らいむ   貸ホーム屋
  江香    天保水滸伝より  
           ー笹川の花会ー
  忍狂    作生

  時候が良くなってきました。海南市黒江近辺は「ひいな祭り」の真っ最中。観光客らしい二人連れ、三人連れがちらほら。
 黒江ぬりもの館も一階カフェはお客さんがチラチラホラホラ(チラホラより多目)
 二階会場はホラチラ(聞いていただくには、頃合いの人数)
 開演早々は演者4人にお客さん3人だったが、やがてお客さんの数が増えていった。
 有り難いことです。
 
 相撲場風景も面白かったし、貸ホーム屋も面白かった。
 笹川の花会は講談らしい空気が流れた。
 作生はまあまあかな?

 次は3月5日 「大日寺寄席」です。  


Posted by 彦八 at 23:18Comments(0)

2017年02月17日

 家庭介護者の会

 風の道があるように、出演の道があるようだ。
 と言うのも「引きこもり」の子を持つ親の会があって、そこに呼ばれたのが2月5日で、美浜町。そして、今日は「家庭介護者の会」が同じく美浜町だった。
 「笑う門には『健康』が来る」というスローガンで、笑ってリフレッシュがサブテーマ。
 私たちの落語・講談が少しでも役立てばいい。
 5日と言い、今日といい、国のお金の使い方一つでどれほどの家族が救われるか、しみじみとしかし、腹の立つのが事実だ。

 平の陰     萬年
 壺阪霊験記  江香
 代書屋     忍狂

  明後日が日曜日で、その次の日曜日が「ひるさがり亭・2月席」
  今朝、見知らぬ方から、電話があって、
 「1月は行けませんでしたが、2月は行きます。いつでしょうか?」
 と問われた。」
  こんな電話が入ったら一日、うきうきします。
 「はい。2月26日です」
   


Posted by 彦八 at 21:50Comments(0)

2017年02月05日

 「親の会」

 世の中には色々な事情のある子供がいて、その親御さんは多いに悩みもがいている。公的な支援はあるにはあっても、年齢や状態によってケアを受けられないこともある。
 そんな時、自主的に親の会を立ち上げて頑張る方がいる。
 中学時代の恩師でK先生が「引きこもり」の方、その家族のために「居場所」を作った。
 今日は、「居場所」に集う、子供、若者、そして保護者のみなさんの交流会があって、招かれて落語を聞いていただいた。
 会場は公の支援が無いので無償で借りている空き民家。
 開演は2時。
 雨の中、たくさんの方が集まった。
   花色木綿     萬年
   ふぐ鍋       忍狂
 会場には暖かい雰囲気が流れていた。
 K先生の暖かさがそのまま出ていた。
 「居場所」の会費は通信費程度。確か100円だったか?

 ものすごい巨費を投じてオリンピックが開催される。
 そんなお金どこにあるの?とむろん税金。我々の税金を建設費として巻き上げ、おこぼれにあずかる人の群れ。
 そして、「居場所」に集う子供たち、若者たち、保護者には一銭も回らない。
 オリンピック、オリンピックと浮かれてはいられない。
 
 
   


Posted by 彦八 at 22:33Comments(0)

2017年02月03日

 今日は風土記ヒルズに行ってきました。

 今日は風土記ヒルズ(介護施設)に行ってきました。
 パソコンで地図を打ち出したのですが、さっぱりわからないので電話したら全然離れたところでした。
 紀ノ川平野?の真ん中にあって、周りは広々して気持ちがよかったです。
  出会いの活動(体操。ジャンケンゲーム等)
  般若の面  ひさご亭江香
  つる    和歌亭萬年
  ミュージックタイム(曲当てクイズ・皆さんで歌いましょう)

  介護施設では落語・講談を二席。そして、前後にほぐしの活動を入れてます。一時間の流れを作っています。
 おしまいに、皆さんで歌を歌います。今日も一人のお爺さん(私もお爺さんですが)が昔の歌を声に出して唄ってくれました。
 楽しいそうな笑顔でした。
 いいお天気のいい一日を過ごすことが出来ました。
   


Posted by 彦八 at 23:16Comments(0)

2017年02月03日

 落語会がありました。

 1月29日 湯浅いほり寄席
   みかん屋     和歌亭萬年
   紙入れ      関大亭狂楽
   一文笛      爪田家らいむ
   中入り
   お話       藤本祐三
   明恵上人伝    ひさご亭江香
   死神       関大亭忍狂

 つい、数日前に大雪が降って、寒い日でしたが、庵茶屋二階座敷はもう立錐の余地もないほどの大盛況でした(キャパ30人のところ25人)
 毎回テーマを設定して開催してまして、この日は「異次元の世界」
 藤本先生のレジュメは「異空間の世界」。事前に打ち合わせをしたのに・・・・
 会が終わって、出演者で湯浅駅近くのお店で名物のシラス丼定食を頂きました。
 話の中心はらいむ君です。彼の話を聞くのが会の後の楽しみ。
 落語界のこと。落語のことなんかを話すのが楽しいのです。
 次回の「いほり寄席」は5月16日の第三日曜日です。  


Posted by 彦八 at 23:06Comments(0)