2018年11月12日

人と人の間には隙間風が吹いている。

 江香さんが医大に入院していて、病室は4人部屋で、それぞれがカーテンが閉めてあって、どんな人が入院しているのか全くうかがい知ることができなかった。
 まあ、病院だからそんなものなんだろけれど・・・
 20年ばかり前になるが、私の母親が市内の労災病院に入院していたころは、四人部屋だったが、カーテンで閉め切るのはトイレの時だけで、後は開けっ放しで、患者同士ばかりか、付き添いの人とも随分と親しくなったものだ。暇だろうと家にあった本をもって行ったがまるで用はなかった。
 時代なんだろうか?それとも、お互いの私生活に入らないでおこうということなのか?いやどうも、分断されているんだと思う。
 どこのだ誰かわからないから係わらないでおこう。何をされるかわからないぞ。というように。
 きっと、人々が知り合い、心を許し合い、団結したら困る人たちの思い通りの社会になったんだと思う。
 そのうち、非難の応酬と、暴力のはびこる社会になるんじゃないか、そう思ったら怖くなった。

  


Posted by 彦八 at 20:29Comments(0)

2018年11月09日

 和歌山県立医科大学の看護師さんは美人が多いよ。

 江香さんが扁桃腺摘出手術を医大でしました。
 経過は順調ですが、部位が出血しやすいところだそうで1週間の入院中です。
 家族が出産、手術入院、救急入院とたびたびお世話になっていますが、来るたびごとに病院の内部や医療やスタッフの方の対応などが目に見えて変わっていくのがわかります。
 江香さんの執刀医は若い女性医師で、確か息子の嫁さんが二度目の出産の際も執刀医は女性でした。 頼もしいですよ。
 それに、看護師さん(女性)もきれいな方が多いのに驚きます。
 江香さんの部屋に来てくれた看護師さんの横顔を見てしまいました。
 結局、待遇の良さがてきぱきとした仕事として現れるんだと思います。
 箱もの行政はやめて、もっと福祉、教育、文化にお金を使ってほしいですね。

  


Posted by 彦八 at 09:30Comments(0)