2017年12月18日

 古本市

 一昨日、昨日と谷町5丁目あたりは粉川町の古本市に行ってきました。
 数日前にテレビで取り上げていたのを思い出して時間があったので行ったのです。
 大阪古書会館という建物があってその一階と二階に古本屋さんが店を出していました。
 落語関係の古本も並んでいましたが大阪落語に関する本がきわめて少ないです。
 ネタ本も掲載されているほぼすべてが東京ネタですし、噺家が書いた立派な装丁の本もやっぱり東京の噺家さんのです。
 大阪落語(上方落語)はどうも冷遇されているのか、軽く見られているのが現状です。
 歴史もネタの数も上方は優れているはずですが、やっぱり芸能社から独立した、席亭のしっかりした寄席が無いというのが致命的なんでしょうか。
 棚一杯に上方落語の噺家の評伝やら歴史やらネタ本やらが並ぶ日が来てほしいものです。夢かな・・・
 



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。