2017年12月24日

 正月やアカンけどクリスマスはええんやて!

 今年は不幸ごとがあって年賀状は出せないので早々と欠礼のはがきを出した。
 正月飾りはなし。正月の祝い膳もなし。静かに時を過ごすのだが、どうもクリスマスはいいようで、今日も息子夫婦が孫を連れてやってくる。
 クリスマスプレゼントも買って、
「夜になったら、わしがプレゼントを玄関に置いて、ピンポンを鳴らす。
『あれ、誰かな』というて、外に出て、『ああ、サンタさんがプレゼント置いてくれている~』と言う」
と手筈である。
 しかい、新仏さんがいるので正月は祝えないのに・・・クリスマスはええのんや。
 クリスマスが日本で受け入れられたのは明治のころで、明治屋と言う食料品やが銀座に進出するのに派手にクリスマスを広めたらしいから、商業主義の結果だ。
 宗教戦争に発展する気配はないから、まあええか。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。