2018年05月21日

 内観学会で落語と講談

 5月20日に京都で内観学会がありました。
 場所は佛教大学です。
 内観は日本的心理療法で詳しくはネットで調べてください。
 そこお昼時にランチョンセミナーが1時間ほどありました。そこで、内観に関する落語、講談を聞いていただきました。
 むろん、そんな噺はありませんので、依頼を受けた先生からお聞きしたケースをもとに作った、いわば新作です。
 心理的に問題を抱えた方の切実なお話を落語化、講談化するのですが・・・
「やってみます」
とお引き受けした手前、おしゃべりさせていただきました。
 セミナーはともかく学内の奇麗なこと。
 まるで、公園の中に学舎があるっていう感じで、わが青春時代とは隔世の感があるなぁと、しみじみ感じました。
 終わって、控室で昼食をいただいていたら、長野から来られた方から、
「50人ほどの小さな小学校ですが、そこで人権にかかわるお噺をしていただけないか」と依頼を受けました。
 ありがたい話ですし、いい経験になるから、
「伺います」
とお返事したんですが、家に帰って、いろいろ考えた末、お断りしました。
 ともかく、落語や講談を聞いていただく活動をしていますといろいろと出会いがるものです。
 明日は、海南市大崎公民館で聞いていただきます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。